本郷医院

循環器内科・内科・外科 / 入院設備あり

循環器内科

循環器内科とは

循環器内科とは、「心臓・血管内科」とも言えます。
内科の病気の中で、全身に血液を循環させるために必要な臓器である心臓や血管に関する病気を診療します。
生活習慣病をお持ちの患者様は、全身の血管に動脈硬化が起こり易くなります。

  • 狭心症
  • 心筋症
  • 弁膜症
  • 不整脈
  • 心膜疾患など

こんな症状はありませんか?

  • 動悸
  • 不整脈
  • 日常生活(階段上り下り時など)で息切れすることがある
  • 胸が時々痛む
  • 突然気を失ったことがある
  • 近親者に心臓病の方がいる、または突然死された方がいる

生活習慣病について

循環器疾患を引き起こすリスクが大きい病気をお持ちの方は、定期的に循環器科で診察と指導を受けましょう。
生活習慣病は、食事、飲食、喫煙、運動不足、肥満など毎日の生活習慣が原因となります。
薬での治療だけに頼らず、生活習慣全体の改善及び指導を受けることはとても重要と言えます。

高血圧
高血圧とは、安静にしている状態で血圧が慢性的に正常範囲を超えて高い状態のことです。
自覚症状はないことが多いですが、放置していると、動脈硬化、脳卒中、虚血性心疾患、慢性腎臓病などの発症原因となります。
糖尿病
インスリンが体の中で有効に使われずに、血糖値が高くなる病気です。自覚症状がほとんどない、または自分では気づきにくい病気のため、気が付かずに放置してしまうと全身にさまざまな影響が出てきます。糖尿病によるさまざまな合併症が起こってから、はじめて糖尿病と診断されることも多いので、不安な時は早めに診察を受けましょう。
喫煙習慣
喫煙が心血管病変の危険がある要因であることはよく知られている事実です。喫煙は血圧、糖代謝、脂質代謝の全てに悪影響を及ぼすと言われています。
脂質異常症
(高脂血症)
ほとんど自覚症状がないため、健康診断などで気が付くケースが多いようです。
そのままにしておくと、コレステロールが血管の内側に溜まり、動脈硬化が進行していきます。
薬物による治療のほか、日常生活の中での食べ過ぎはもちろん、動物性脂肪及びコレステロールの多い食品を控えたり、食物繊維を多めにとるなどの食事療法も必要です。
心筋梗塞や脳卒中などのさまざまな病気を引き起こす前に、気が付いたら早めに病院で適切な指導を受けることをおすすめ致します。
肥満・メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームがきっかけで引き起こされる危険性のある生活習慣病には、以下のものがあります。

  • 糖尿病
  • 高血圧症
  • 脂質異常症
  • 虚血性心疾患
  • 脳血管障害
  • 高尿酸血症
  • 腎臓病
  • 認知症
  • がん、など

こんな症状に注意

  • 血糖値や血圧値の上昇
  • ウエスト、腹回りが大きくなる(内臓脂肪の蓄積)
  • 血中脂肪値(中性脂肪の増加・HDLコレステロールの低下)の変化